便利

カードの暗証番号を紛失したら

最近は、クレジットカードやキャッシュカードだけでなく、インターネットや携帯電話など様々な場面で暗証番号を求められます。
特にカード関係では、クレジットカードとキャッシュカードとを合わせて何枚も所持しているという人もいるでしょう。
それらを所持するにあたって、それぞれに暗証番号を作成する必要があるのですが、セキュリティの観点からして、すべて違った暗証番号にすることが好ましいのですが、そうすることでうっかり暗証番号を忘れてしまうということもあるでしょう。

クレジットカードに関しては、買い物をするときに暗証番号を求められることになるため、いざというときに覚えていないと店舗で焦ることになってしまいます。
では、クレジットカードの暗証番号を忘れてしまったら、どうすれば良いのでしょうか。
暗証番号の照会は、クレジットカード会社に電話することで、簡単に照会することができます。

クレジットカード会社の電話番号は、カードの裏面に記載してありますし、利用明細やカード会社のホームページなどにも掲載されています。
電話先では、本人確認のための情報をいくつか質問されます。
その情報は、名前や住所、電話番号、生年月日など様々なことを尋ねられます。

不正利用を防ぐためなので、仕方のないことなのですが、随分昔に作成したクレジットカードであった場合、登録当初の住所や電話番号が違っていた…なんてこともあるため、注意が必要です。
質問された内容に答えられないことが多く、本人として認められなかった場合は、暗証番号を照会することができず、書類で手続をさせられることになってしまうため、事前にできる限り登録情報を確認したりておくと良いでしょう。
基本的には、本人でないと確認ができないのですが、電話でのやりとり自体は代理人が行うことが可能なこともあります。

たとえば、本人が高齢であるために電話対応ができないなどということが理由のひとつになります。
ただし、その場合も一度は本人に電話を変わり、事情の説明などをしてもらう必要があるため、代理人が応対を行う場合でも本人と一緒に電話をする必要があります。
また、カード会社によってはそうした代理人による応対も認められない場合がありますので、一度確認をとると良いでしょう。

本人確認をするのにも、色々手間があって面倒だと思われる方も多いと思いますが、最近ではクレジットカードやキャッシュカードを使った犯罪が非常に多いです。
そういった犯罪を未然に防ぐためにも、これは仕方のないことです。
面倒な確認をしなくてもいいように、誰にもわからないような場所に、各種暗証番号をメモしておくなどしておくと良いかもしれませんね。

このページの先頭へ