便利

クレジットカードはアルバイトでも作れる?

「クレジットカードを作りたい!…だけど正社員じゃないから作れないだろうな。」
こう思っている方、多いのではないでしょうか。
確かに、クレジットカードを発行するときは、正社員に比べるとフリーターの方は審査に通りづらい傾向にあります。

しかし、全く作れないのかといえば、そういうわけではありません。
実際、「フリーター、主婦、学生でも作れる」というキャッチフレーズのクレジットカードも存在しますし、クレジットカードの種類によって、審査に通りやすいものがあるのです。
そういったコツをつかめば、フリーターであってもクレジットカードを持つことができます。

では、具体的にはどうしたらいいのかご紹介しましょう。
まず、クレジットカードとはそもそもどんな仕組みのものなのかということを考えましょう。
あなたが買い物をして、クレジットカードで支払うと、その時点ではクレジットカード会社がお店に対して立て替え払いをしてくれたということになります。

そして、後日その立て替え払いしてもらっていた金額を、あなたから銀行引き落としなどで回収するというのが、クレジットカード利用の簡単な流れです。
しかし、立て替え払いしていたお金を、あなたから回収することができなかったとしたら、これはクレジットカード会社にとって大きな損失になります。
こういった損失を出さないためにも、クレジットカード会社は、きちんと支払いをしてくれる人なのかということを事前に審査しています。

フリーターが審査に落とされやすいのは、正社員に比べて安定した収入が得られるという確証が少ないため、信頼が得られづらいからなのです。
では、どうしたらフリーターでもクレジットカード会社に信頼を得られやすいのかというと、なんといっても同じ職場での勤続年数です。
色々なバイト先を転々としているという場合は、収入も不安定になりがちで、収入が途絶えてしまう可能性も高くなります。

一方で同じ職場で何年も継続して働いている場合は、それだけで信用がアップし、審査が通りやすくなります。
クレジットカード会社によっても、審査基準に大きく違いがあります。
高収入の人しか審査が通らないようなカードもあれば、フリーターやパートをしている主婦などでも審査に通りやすいカードもあります。

フリーターが加入しやすいカードとしては、「楽天カード」、「イオンカード」、「Tポイントカード」など、私たちが日常生活でよく利用するような企業が発行しているものが多いようです。
特に、ショッピングモールなどで積極的に加入を勧めているときなどは、とにかく新規顧客を取り入れたいというときなので、通常時よりも若干審査に通りやすくなるとも言われています。
このように、コツやタイミング、カードの選び方によって、フリーターでも充分クレジットカードを持てるチャンスがあるのです。
ぜひチャレンジしてみましょう。

このページの先頭へ