便利

クレジットカードは誰でも作れる?

クレジットカードは社会人のマストアイテムと言われていますが、かといって誰でも作ることができるというわけではありません。
では、どういった条件でクレジットカードを作ることができるようになるのでしょうか。
まず、原則としては18歳未満の子どもでは作ることができません。

そして、きちんとお勤めしていて安定した収入があるということが重要になります。
クレジットカードを使うということは、ある意味借金をするのと同じような意味合いがあるので、収入があるということは条件として当然ですね。
そのため、18歳以上であってもフリーターや専業主婦では、作ることができない場合が多いです。

しかし、中には「学生カード」「家族カード」という形で、学生や主婦もクレジットカードを持つことができる場合もあります。
これは、親権者や収入のある世帯主が主となるクレジットカードを持っていて、そのサブカード的な意味合いで作ることのできるもので、それらを使った場合は主カードの契約口座から引き落としされることになります。
また、イオンカードなど主婦が普段の買い物でよく利用するような会社のカードの場合は、審査基準が低く、主婦でも配偶者にきちんとした収入がある場合は、自分名義のカードを作ることができる場合も多くなってきているようです。

ただし、その場合は限度使用額は低い場合が多いようです。
これまでにクレジットカードの支払やキャッシングの支払が滞っていたり、自己破産したりしたことのあるような方は、クレジットカードを作ることができません。
これは、クレジットカードを作るときにカード会社側が個人信用情報というのをチェックしているのですが、支払遅延や自己破産などの情報は、そういった機関ですべてチェックできるようになっているため、自己申告をしなくてもカード会社にはバレてしまいます。

一度審査が通らなかったら、この先ずっとカードを作ることができないかというと、そういうわけではなく、一定期間の間、新たにキャッシングや返済滞りすることなく、信用が回復することができれば、またクレジットカードを作ることができるようになります。
いかがでしたでしょうか。
クレジットカードは、一歩間違えば破産を招きかねない危険な一面もあります。
そのため、クレジットカードを発行するのも使用するのも、注意が必要であるため、厳しい条件があることが多いのです。

このページの先頭へ