便利

クレジットカードを紛失したら

盗難や落としてしまったなどという様々な要因で、クレジットカードを紛失してしまったら…。
この場合、すぐに行動を起こすことが大切です。
盗難であった場合、不正に利用されてしまうケースがあるため、少しでも早い行動が重要となります。

では、具体的にどうしたらいいのでしょうか。
まず、クレジットカード会社にすぐに連絡を入れ、クレジットカードの利用を停止してもらいます。
クレジットカード会社の電話番号は、カードの裏面に記載されていますので、あらかじめどこかにメモしておくか、もしくはインターネットやクレジットカードの明細書などでも調べることができます。

ちなみに、これまでにそのクレジットカードで自動支払をしていたものは、利用停止した直後から支払がストップされてしまうので、注意が必要です。
利用停止後には、番号が変更された新しいクレジットカードが郵送されてきますので、クレジットカード自動支払をしていたものは、こちらの新しい番号で設定し直しましょう。
クレジットカードの明細書を見れば、これまで自動支払していたものはどんなものがあるのか確認できますよ。

なので、クレジットカードの明細書はすぐに処分してしまわずに、1~2か月分はとっておくといざというときに安心ですね。
クレジットカードが盗難にあったり、紛失して誰かの手に渡ってしまったりした場合、不正利用される可能性があります。
クレジットカードの利用停止手続をする前に、万が一不正利用されてしまった場合、その旨をカード会社に連絡しましょう。

不正に利用されたということが確認できれば、不正利用された分は補償されます。
ただし、一定期間が過ぎてしまうと補償されなくなってしまうので、すぐに確認をして届出をするようにしましょう。
紛失していたクレジットカードが、後から見つかった場合、すでに利用停止をして新たなカードが発行されていたら、その見つかったカードは使えなくなっています。
なので、新しいカードをそのまま利用し、見つかったカードはハサミなどで切って処分するようにしましょう。

このページの先頭へ