便利

クレジットカードの不正使用とは

クレジットカードを作成し、使用していくにあたって、どうしても考えておかなくてはならないことが、不正利用についてです。
残念なことに、クレジットカードを使った犯罪は無くなることは無く、セキュリティを強化しているにも関わらずそれを突破する高度な技術を持った犯罪者がいるというのも事実です。
そういった犯罪者から身を守るために、クレジットカードの不正利用についての知識を身につけておきましょう。

まず、クレジットカードで不正利用をされるときというのは、どんなときなのかということについてです。
最近で多いのが、インターネットでネットショッピングを行ったときに、クレジットカードで支払をした場合に、そのカード情報が漏えいしてしまうということです。
カード情報を送信するときに暗号化対策をしていないために、第三者に覗き見されてしまったり、ショップ側が漏えいさせたりするということが原因として考えられます。

コンピュータウイルスに感染し、ウイルスによってクレジットカード情報が流出してしまうということもあります。
信頼できないようなサイトでクレジットカード情報を入力しないということや、最新のコンピュータウイルス対策をしておくということが大切です。
スキミングという言葉を聞いたことはありませんか?

これもクレジットカード情報を盗まれる行為のひとつです。
何らかの方法でクレジットカードに入っている情報を不正に読み取って、全く同じカードを作り、それを利用してしまうというものです。
不正に作ったカードを利用すると、請求は本来のカードの持ち主に来るため、クレジットカード自体は手元にあるのに、いつの間にか不正利用されてしまうのです。

これは、お店でクレジットカードを使用したときや、盗難にあったときに行われることが多いです。
怪しいと思われるようなお店では国内外問わずクレジットカードを使った買い物は避けるようにし、また利用明細はこまめにチェックしておくという習慣をつけることが、万が一の被害を最小限に抑えることに繋がります。
クレジットカードが不正利用されてしまったり、盗難にあってしまったりした場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡をします。

すると、すぐにクレジットカードの利用を停止してもらえ、カード番号などが変更された新しいクレジットカードを発行してくれます。
不正利用された分に関しては、不正であると判明された場合にはきちんと補償してもらえるようになっていますが、一定期間が過ぎてしまうと補償してもらえなくなるので、注意が必要です。
こうした理由からも、利用したクレジットカードのレシートや、利用明細はきちんと保管しておき、チェックする習慣をつけましょう。

このページの先頭へ