便利

クレジットカードの階級

クレジットカードの階級にはシルバーやゴールドなど、様々な名称のものが存在しています。
この階級が高ければ高いほど、入手することが困難となっています。
では具体的にどのような階級があり、どのようにして入手することができるのかをご紹介しましょう。

まず、最も入手しやすいカードが「年会費無料カード」と、1000~3000円ほどの年会費で加入することのできる「クラシックカード(シルバーカード)」です。
フリーターや主婦でも入手しやすく、最初に入手するのにオススメのクレジットカードです。
ポイントを貯めることができるということが主なサービスであり、クラシックカードの中には海外旅行保険が付いているものもあります。

次に階級が高いのが「ゴールドカード」です。
ゴールドカードにもピンキリがあり、年会費が3000~6000円程度で作ることのできるものは、比較的簡単に入手することができると言われており、安定した収入や信用があればフリーターでも作ることができる場合もあるそうです。
入手が難しいとされているのが、年会費が1万円以上かかるゴールドカードで、これは定職に就いた30代くらいでないと作成が難しいとされています。

しかし、中には20代でも作成できる敷居の低いものもあるようです。
ゴールドカードの特徴は、海外旅行や国内旅行の保険が充実しており、国内の空港のラウンジであれば無料で利用することができるとされています。
「プラチナカード」は、ゴールドカード以上に入手が困難であり、年会費は2万円から10万円ほどかかるものもあるようです。

カード会社からの招待がなければ加入できないものもあり、社会的にもステータスが高いということが重要になります。
保険の内容が充実しており、コンシェルジュデスクなど、非常に多くのサービスが付いています。
最も入手が困難とされているのが「ブラックカード」で、これはカード会社からの招待がなければ加入することができません。

お金持ちで社会的ステータスの高い人の中でも、限られた人だけが持つことのできる、非常に高貴なカードです。
年会費は5万円~35万円以上することもあります。
各種保険の充実はもちろん、ホテルやゴルフなどその他のサービス内容も非常に充実しています。

クレジットカードを持つ人にとって、まさに憧れのカードですね。
いかがでしょうか。
より階級の高いクレジットカードほど、年会費も上がり、またサービス内容も高くなっていきます。
ただ年会費が払えればいいかというと、そういうわけでもなく、社会的ステータスの高さも必要となってくるのです。
いつか憧れのブラックカードを所持できるほどになりたいものですね。

このページの先頭へ