便利

クレジットカードを買い物で使うには

クレジットカードを使って買い物をする場合、支払方法に3つの方法があります。
どのような方法があるのかご紹介します。
まずは一括払い。

提示された金額を、その名の通り一度で支払うというものです。
カード会社の引き落とし日に、一括払いで購入した金額がそのまま引き落とされることになります。
利子などが付かないので、特に理由が無ければなるべく一括払いを利用するようにしましょう。

次に分割払い。
これは割賦払いという呼び方がされることがありますが、3回払い、6回払いなどがあります。
購入した金額や、店舗によっては、この分割払いができないという場合もあります。
3回払いの場合、購入した金額を3回に分けて支払うということになり、この場合は3か月かけて毎月一定額が引き落とされることになります。

利息がつくため、どうしても一度で支払うことができないような大きな金額の買い物をした場合などに使用すると良いでしょう。
それでも、なるべく少ない回数で支払終えることができるようにしたほうが、利息も少なくて済みます。
分割払いと似ているけれど、大きく違うのがリボルビンング払いです。

リボ払いという呼び方をされ、利用した金額に関わらず、毎月定められた金額だけが引き落とされていくというものです。
たとえば、1か月の間に5万円使ったとしても、リボ払いが3万円に設定されていれば、引き落とされるのは3万円のみになります。
いくら使っても、毎月引き落とされる金額は一定なので、生活が楽になるように思えますが、見えないところでどんどん借金や利子が膨らんでいってしまうため、強い意思を持っていないと活用するのは難しい支払方法であると思います。

カード会社は、実はこのリボ払いが最も利子を得ることができて儲かる方法なので、利用者にどんどんリボ払いを進めてきます。
ですが、利用者にとっては利子だけが増えていく支払方法なので、メリットは少ないと言えます。
よほどの理由が無い限りは、リボ払いをするのは避けた方が良いでしょう。

いかがでしたか。
支払方法によって、利子がついたり借金が増えていったりと、危険なこともたくさんあります。
クレジットカードで買い物をするときは、そのことをよく考えて支払方法を考えましょう。

このページの先頭へ